忍者ブログ

FreePBXと050 Freeで月額50円以下でビジネス用レベルの最強IP電話を実現する話

このブログは、Linux系OSを使ったことのない人でも敷居が低いFreePBXおよび、IP電話最安値の050 Freeを一緒に使うことで低コストで法人向けレベルのサービスを享受するためのブログである。

   

IP電話トラブルシューティング

NAT越え等の設定がうまくいかず、悩んでいる人のためのチェック項目を以下に用意する。
参考にしていただければ幸いである。

そもそもレジストにすら失敗する場合
・サーバーのアドレス、ポート、ID、パスワードは正しいか?
・二重ルーターになってないか?(例えば、ルーター配下の無線LAN親機のルーター機能がオン等)

通話しようとしたら撥ねられた場合
・コーデックはそもそも正しいか?(サーバーが非対応のコーデックは使えない)

うまく着信しない場合
・呼制御(signalling)のrport(return port)の使用のオン/オフはしたか?
・STUNの利用のオン/オフおよび別のSTUNサーバーを試したか?
・ソフトフォンのバックグラウンド動作をオンにしているか?
・携帯端末の省電力機能をオフにしているか?(特に通信に関する部分)
・(050Freeで純正クライアント以外を使う場合)050Freeのプッシュ通知をオフにしたか?

相手の声が聞こえないor相手に声を届けられない場合
・二重ルーターになってないか?
・ルーターのUPnPは有効か?
・RTP(media)のrport(return port)の使用のオン/オフはしたか?


自分でAsterisk,FreePBXサーバーを立てることでNAT超えのための手段が増えるため、何やっても解決しない場合にやってみるのも手かもしれない。
また、それ以外にも、省電力なTCPを使用できる、狭帯域で威力を発揮するSpeex等のコーデックを独自に使うことができるため、サーバーを立てることをお勧めしたい。(そもそもこのブログはIP電話サーバーを立てる人を支援する目的で作っている。)

自分の場合、二重ルーター配下からブラステルのサーバーにはレジストできなかったが、自宅サーバーにはレジストできるので重宝している。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
zzz
性別:
非公開
自己紹介:
MVNOを契約し、最も安い050IP電話サービスである050 Freeを契約し、
その機能を補うべくAsteriskに手をだそうとしたが、失敗し、FreePBXに手を出し、ようやく安定してきた。

カウンター




P R

Copyright ©  -- FreePBXと050 Freeで月額50円以下でビジネス用レベルの最強IP電話を実現する話 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]